ソフトバンクに乗り換えで現金キャッシュバックを最大にもらうには?

断トツお得!ソフトバンク乗り換えの現金キャッシュバック比較

auやドコモなどの他社キャリアからソフトバンクに乗り換えるのであれば、どうせならお得なキャンペーンに乗っかったり、月額料金を抑えたり、機種代を0円にしたり・・・。出来るだけ安くお得になるようにMNPを利用したいですよね!

 

さまざまなキャンペーンがある中で、現金キャッシュバックのサービスが受けられるということを知っている人も多いと思います。

 

そこで当サイトでは、お得に乗り換えられて現金キャッシュバックが充実しているサービスを比較しました!

 

現金キャッシュバックの金額を比較ランキング!

現金キャッシュバックをしてくれるサービスは次の3つが挙げられます。

  • おとくケータイ.net
  • 乗り換えKING
  • のりかえプロデュース

 

これら3つのサービスなら、2016年2月になってから乗り換えの特典がなくなってきている今でも現金キャッシュバックをしてくれます。上記3サービスについて現金キャッシュバック額で比較しました!

乗り換えKING
乗り換えKINGのサムネイル

特徴
乗り換え(MNP)だけではなく、新規契約や機種変更でもキャッシュバックをしてくれるのが大きな特徴。営業所に出向くか、訪問してくれて契約する形式。

  • 乗り換えで最大50,000円キャッシュバック。
  • 新規でも15,000円、機種変更でも10,000円のキャッシュバック。
  • 使わなくなった機種の下取りで最大27,000円の割引。

 

 

 

現金キャッシュバック金額

評価

最大50,000円

ソフトバンク,乗り換え,現金キャッシュバック

 

のりかえプロデュース

特徴
販売店に行くか、出張訪問にて申し込みをする形です。

  • 現金50,000円のキャッシュバック。
  • 他社のキャッシュバック金額より高い金額を提示してくれる。
  • 販売店に行く時は交通費を支給してくれる。
  • 古くなった端末下取りで最大44,000円。

 

 

現金キャッシュバック金額

評価

最大50,000円

ソフトバンク,乗り換え,現金キャッシュバック

 


おとくケータイ.net

現金キャッシュバックが最大1万円のおとくけーたい

特徴
販売店に行かなくても契約できるのが大きな特徴。キャッシュバック金額は他のサービスと比べると少ないが、他店金額よりも高額提示をしてくれる。

  • 他社の方が高い場合、それよりも高額キャッシュバックを提示
  • お店に行かなくても自宅に郵送される書類で契約可能(来店不要)
  • 郵送書類で契約できるので、全国どこにいる人でも乗り換え可能&キャッシュバックを受けられる。

おとくケータイでキャッシュバック 

 

現金キャッシュバック金額

評価

相談次第(他店対抗)

ソフトバンク,乗り換え,現金キャッシュバック

 

”現金キャッシュバック額のみ”で比較すると、このようなランキングになります。

 

でも、当サイトではキャッシュバック金額を多く貰うなら第3位にある『おとくケータイ』を推したいと思います。

 

↓↓それはなぜか?↓↓

 

決め手はやっぱりキャッシュバック額!でも・・・

 

ランキングを見て、やっぱり多くもらえる所を選びたいですよね!しかし、必ずこの額が貰えるわけではないんです。なぜなら、乗り換えでもらえる金額は一定ではないってことなんです。

 

どういうことかというと、乗り換えで選んだ機種によってキャッシュバックの金額がかなり変わってしまうんです。

 

乗り換えした際に最大5万円の機種もあれば、キャッシュバック0円の機種も存在します。

 

なので上記3社の中から1社を選ぶポイントとしてはキャッシュバック額で選ぶか、キャッシュバックが少なくなっても自分がほしい機種を選ぶかという判断が必要になってきます。

 

そこで、他社よりも”他店対抗”をかかげている『おとくケータイ』を推しているんです。
追記:欲しい機種を手に入れつつキャッシュバック金額を多くする方法を下記にてまとめました。

 

キャッシュバックのサービスが無くなる傾向に

 

さらに、2月からは現金キャッシュバック自体が無くなる傾向にあります。よく、「何日まで!」みたいに打ち出しているけどずっとやってるじゃん!みたいなときってありますよね。

 

でも、MNPのキャッシュバックやサービスの減少はガチなようです。

 

実質0円のサービスも同じく無くなってきていて、それらに類似したサービスもどんどんと減ってきていています。

 

そんな今だからこそオススメしたい方法はこれ!

 

どんどんとキャンペーンや現金キャッシュバックが縮小されている中で、当サイトがオススメしたい現金キャッシュバック額を最大にもらいつつ、欲しい機種を安い月額料金で手に入れる方法はこれです。

 

すべてのサービスにとりあえず問い合わせをしてみる!

 

え?めんどくさいって?

 

まぁまぁそんなことを言わずにちょっと見てみてください。

 

これをすることで、その機種でもらえる金額以上のキャッシュバックがもらえる可能性があります。この方法のポイントとして次の3つが挙げられます。

 

3サービスの月額料金・前機種下取り額・キャッシュバック額が分かる。
自分の欲しい機種について3サービスの比較がしやすくなる。
気に入ったプランのサービスにキャッシュバック額の交渉がしやすくなる。

 

それぞれ解説していきます。

 

3サービスの月額料金・前機種下取り額・キャッシュバック額が分かる。

MNPで他社に乗り換える理由のひとつとして「現金キャッシュバックがあるから」ってことがあると思います。でも、選ぶ機種によってもらえるキャッシュバック額が変わるということはすでにお伝えしたとおりです。

 

なので、まずあなたが欲しいと思っている機種のキャッシュバック額がいくらなのかを把握しましょう。たとえ同じ機種を選んだとしても、3サービスでそれぞれ現金キャッシュバック額が変わってくる可能性があります。

 

なお、月額料金はソフトバンクのプランを選択することになるのでどのサービスでも同じです。ただし、「のりかえプロデュース」では前使っていた機種の下取りを独自にやっているので、そこでソフトバンク独自の「のりかえ割」との差が出てくる可能性があります。

 

これらの情報を文章の形式、つまりメールで貰っておくことをオススメします。なぜメールで貰うのか?察しがいい人は気づいているかもしれませんが、理由はあとでお伝えします♪

 

 

自分の欲しい機種について3サービスの比較がしやすくなる。

ポイント1にて、3サービスの月額料金・前機種下取り額・キャッシュバック額が分かったら、あとは比較するだけですね。以下のようなことを確認しながら比較しましょう。

 

  • 自分が欲しい機種はどれだけキャッシュバックがもらえるのか?
  • 月額料金に入ってくる機種代金はいくらくらいかかってくるのか、実質0円なのか、それとも一括0円なのか?
  • 今使っているスマホの月額料金からどれくらい安くなるのか?
  • 申し込みまでの流れは直接営業所に行かなければならない?家に訪問してくれる形?書類の郵送で済む?

 

これらを比較して、キャッシュバック額はとりあえず置いておいてどこにしようか決めるだけです。キャッシュバック額をとりあえず置いておくのは、ポイント3で説明しますが、交渉して他社よりもキャッシュバックを高めにお願いするためです。

 

とりあえず、条件のよいサービスの1位A社と2位B社を決めましょう。交渉するのは2位のB社の方になります。

 

 

気に入ったプランのサービスにキャッシュバック額の交渉がしやすくなる。

あとは、ポイント2で選んだ2位のB社に対してキャッシュバックの額について交渉します。

 

「A社で同じ機種でこれくらいのキャッシュバックって言われているんだけど、もうちょっとよい条件にしてもらえませんか?」って具合にです。

 

さて、ここで各社からメールで詳細を送ってもらった意味が出てきます。私は、家電量販店で電化製品を買うときに値段交渉とかするんですけど、同じ商品でもお店によって価格やサービス(自宅配送や設置無料)などが違うときがあります。

 

そんな時、家電量販店Kの店員さんに提示してもらった額などを、その人の名刺の裏などにその場で書いてもらうんです。

 

そうすることで、例えば家電量販店Y電器に行ったときに「家電量販店Kデンキではこう提示してくれたんですけど・・・」と示せて値段交渉ができるってわけです。

 

やっぱり口頭だけだと信憑性が薄いし、「これよりもよい条件で」って方が超えるべきラインが明らかなのでよい条件を提示してもらいやすくなります。

 

今回の場合、メールで詳細を貰うこと=名刺を貰うのと同じことになりますね。

 

 

交渉って結構ハードル高いかもしれません。でも、メールで貰ったA社の条件を引用して、B社にメールするだけです。

 

「Aっていうサービスではこれくらいのキャッシュバック額でココいいなぁと思っていて。でも、これよりもよい条件ならB社さんに決めたいんですが・・・」って感じです。

 

メールで示せれば、相手も超えるべきハードルが分かりやすくなりますね!ここで重要なのは、「他社のサービスに魅力を感じているけど、条件がよければこちらに決めますよ」という意思表示をすることです。

 

それぞれのサービスでも、他社に取られたくないって気持ちはあります。でも、本当に自社のサービスを利用してくれるのかなという不信感を抱かせてしまうとキャッシュバックの交渉もうまくいきません。

 

なので、この方法は基本的に“ココ”と決めた1社だけにしましょう。もちろん、キャッシュバック額の交渉がうまくいかなければ1位だったA社を選ぶまでです。

 

せっかく各社とも「他社よりもよいキャッシュバックを提示しますよ」って言ってくれているんだから、交渉しない手はありませんよね!

 

 

★☆全社にメールを送ってみるor比較ランキングをもう一度見て考えるという方はこちらから☆★
各社の現金キャッシュバック額の比較ランキングへ戻る

 

※ランキングの各社のリンクから、それぞれの公式ページへ飛べます。そこからメールでの問い合わせも出来ますし、サービスを詳しく見ることも出来ます。

 

★☆メールとかめんどくさいし、ランキング1位の『乗り換えKING』に決めちゃうよという方はこちらから☆★
『乗り換えKING』でスマホの月額料金を抑えて、現金も貰う!キャッシュバックを何に使おう♪

 

当サイトではauやドコモからMNPでソフトバンクに乗り換える際にどのサービスを利用すれば最大金額のキャッシュバックを受けることができるのかを比較し、ランキングにしています。キャッシュバックには、ポイントや商品券などもありますが、当サイトでのランキングは現金によるキャッシュバックでの比較ランキングです。このキャッシュバックは選ぶ機種(iphone6、iphone6s、Xperia[エクスペリア] Z4、Nexus[ネクサス] 6P、Diguno[ディグノ]U、Xperia[エクスペリア] Z5、Galaxy[ギャラクシー]S6 edge、AQUOS Xx2など)によって変わってくるのですが、どういった機種を選べばどれくらいの現金キャッシュバックが得られるのかまで詳細にお伝えしていきたいと考えています。また、乗り換えをする際に必要となる費用や事務手数料なども調べてお伝えいたします。もし当サイトを訪れてくださった方がソフトバンクに乗り換えを考えているとき、25歳以下の方や、25歳以下の方が家族にいる場合はギガ学割というサービスを利用することで月額料金をさらにお得にすることができます。そういったプランを利用した場合の料金のシュミレーションを行った結果を詳しくお伝えしたいと考えています。